ジゴキシン

ジゴキシン-心筋の収縮の強さを高めながら心拍数を下げる錠剤の形の薬であるジゴキシン。ジゴキシンは、平滑筋と骨格筋、腎尿細管、迷走神経中枢に影響を及ぼします。

メーカーの材料

ヨーロッパでは、心不全は1,500万人に影響を及ぼしています。ポーランドでは約70万人人々はこの病気に苦しんでいます。心不全は、統計的には最近の梗塞である冠状動脈性心臓病の結果であり、発生率は年齢とともに増加します。心不全は、体が適切に機能するのに不十分な血液を送り出す心筋の機能不全です。

心不全の症状には、倦怠感、疲労感、脚(足首)の腫れ、夜間の咳、運動による息切れ、たとえば階段を上るときなどがあります。これは、血液循環の障害による臓器への酸素供給不足が原因です。心不全の症状は軽視すべきではなく、この状態を診断する場合は、ジゴキシンなどの適切な薬が処方されます。

この薬は、心調律障害、心房細動、慢性心不全などの特定の場合に医師によって処方されます。ジゴキシンは、医師の処方に従って、定められた定期的に服用する必要があります。投与量は、患者の状態、血圧の兆候、および専門的な検査の結果に応じて決定されます。ジゴキシンの使用を誤ると、体の中毒が発生する可能性があります。

この薬は、心調律障害、心房細動、慢性心不全などの特定の場合に医師によって処方されます。ジゴキシンは、医師の処方に従って、定められた定期的に服用する必要があります。投与量は、患者の状態、血圧の兆候、および専門的な検査の結果に応じて決定されます。ジゴキシンの使用を誤ると、体の中毒が発生する可能性があります。

薬ジゴキシンの使用の適応症

他の薬剤(利尿薬、ACE阻害薬、ベータ遮断薬)、心筋炎、一部の心筋症、アテローム性動脈硬化性心筋線維症、肺心臓、上室性不整脈と組み合わせた心臓欠陥の過程での慢性、進行性収縮期、うっ血性心不全、リスクのある患者(手術、出産、重度の感染症)の心臓病の予防的心臓手術(特に弁膜症)。子供の心不全(一次治療として)。

禁忌

活性物質(ジゴキシン)またはジゴキシンおよび他の強心配糖体の他の成分のいずれかに対するアレルギー(過敏症)。不整脈。

血中のカリウムまたはマグネシウムのレベルが低い場合、血中のカルシウムのレベルが高い場合、ビタミンB1欠乏による心臓の問題(脚気疾患)がある場合、または腎臓の問題、肺、甲状腺および消化器疾患。

ジゴキシンを使用することで起こりうる副作用

吐き気、腹痛、嘔吐、食欲不振、めまい、頭痛、失神、脱力感、不眠症、視覚障害(かすみ目または黄色または緑色の視力)、精神障害、幻覚、せん妄、うつ病、けいれん、体内のカリウムおよびカルシウム障害。あまり一般的ではありませんが、アレルギー性皮膚病変、胃粘膜のびらん、中枢神経系の障害(特に子供)。

心不全と診断された場合、そしてそれや他の心血管疾患を防ぐために、あなたのライフスタイルを変える価値があります:喫煙をやめ、塩の消費を制限し、過剰に体液貯留を引き起こし、過負荷にしないでください不健康な食べ物や刺激物のある体。ストレス、風邪、感染症を避け、定期的な運動をお勧めします。

医師は確認します:犬のおかげで私たちはより健康な心を持っています。どうしてそれが可能ですか?

使用する前に、適応症、禁忌、副作用と投与量に関するデータ、および医薬品の使用に関する情報が記載されているリーフレットを読むか、不適切に使用された各薬はあなたの生命または健康。

タグ:  セックスの愛 健康 性別