デュラセフ

デュラセフは、細菌感染症の治療に使用される抗生物質です。この治療法は経口で使用され、非常に幅広い活性があります。デュラセフは高価な薬ではありません-その価格は約PLN20ですが、利用可能な代替品があります。それはどのような病気を和らげ、誰がそれを使うことができますか?

メーカーの材料

デュラセフ-それはいつ不可欠ですか?

デュラセフは、細菌感染症の治療に一般的に使用される薬剤です。デュラセフの主成分であり有効成分であるセファドロキシルと呼ばれる物質に敏感な菌株による感染症の治療に効果的です。この薬剤は、下気道および上気道感染症のほか、口蓋、尿路の炎症、および皮膚や軟部組織の感染症、骨髄、細菌性関節炎などのまれで治療がはるかに難しい疾患の治療に効果的です。 。リウマチ熱の場合や、患者がいずれかの成分に対して過敏症またはアレルギー反応を示した場合は、アナフィラキシーショックまたは血管浮腫を引き起こす可能性があるため、製剤を投与しないでください。

デュラセフ-奉仕する方法

デュラセフは、ほとんどの場合、経口懸濁液が調製されるカプセル、錠剤、または顆粒の形をとる薬剤です。服用する用量は医師によって決定され、厳守する必要があります。投与量は、感染の重症度、患者の状態、病気の種類によって異なります-感染が発生する体の領域に応じて、さまざまな投与量が必要になります。準備は、食事に関係なく、常に経口摂取されます。症状が治まったらすぐに治療を中止しないことが重要です。通常、問題を完全に破壊し、効果を強化するために2〜3日間使用されます。デュラセフは妊娠中や授乳中の出産後にも服用しません-唯一の例外は母親の生命が危険にさらされている場合であり、その決定は主治医によって行われます。抗凝固薬、経口避妊薬など、通常はデュラセフと一緒に他の薬を服用しないでください。服用量、治療期間、服用方法は医師が決定し、厳守する必要があります。

デュラセフ-副作用

他の医薬品と同様に、デュラセフは副作用を引き起こす可能性があります-それらの外観は、薬の個々の成分に対する患者の体の感受性または摂取された他の物質との反応によって条件付けられる可能性があります。最も深刻な副作用の1つは大腸炎ですが、これはめったに起こりません。嘔吐、消化不良または下痢、ならびにかゆみ、皮膚またはじんましんの発赤の形でのアレルギー反応は、時々発生するそれほど深刻な副作用ではありません。デュラセフを服用すると、尿検査や血液検査の結果が歪む可能性があるため、この製剤による治療中にこれらの検査を受ける場合は、この事実を医師に報告する必要があります。

薬の名前/調剤 デュラセフ 入場料 デュラセフは、細菌感染症の治療に使用される抗生物質です。この治療法は経口で使用され、非常に幅広い活性があります。デュラセフは高価な薬ではありません-その価格は約PLN20ですが、利用可能な代替品があります。それはどのような病気を軽減し、誰がそれを使用できるのでしょうか? メーカー PharmaSwiss 形態、用量、包装 懸濁液用のカプセル、錠剤または顆粒(100 mg / ml、50 mg / ml) 可用性カテゴリ 処方 有効成分 セファドロキシル 表示 細菌感染症 投与量 それは感染が発生する体の領域によって異なります 使用の禁忌 成分に対する過敏症、ペニシリンに対する過敏症、妊娠、授乳 相互作用 薬は尿や血液検査を偽造する可能性があり、他の薬と反応する可能性があります 副作用 アナフィラキシーショック、大腸炎、下痢、嘔吐、消化不良 プロバイオティクスは免疫をサポートしますが、それだけではありません。それらはどこにあり、どのように機能しますか?

使用する前に、適応症、禁忌、副作用と投与量に関するデータ、および医薬品の使用に関する情報が記載されているリーフレットを読むか、不適切に使用された各薬はあなたの生命または健康。

タグ:  健康  セックスの愛