高血圧症治療薬-選択と有効性

高血圧症のために適切に選択された薬は、測定可能な結果を​​もたらすはずです。しかし、多くは医師と患者の間の協力、そして薬を服用する規則性に依存します。薬物療法はどのように選択されますか?スタチンがどのように機能するか、および市販の高血圧治療薬をチェックします。

シャッターストック

高血圧薬-それらはどのように選択されるべきですか?

患者さんの医師は、年齢に合わせて降圧薬(血圧を下げる)を選びます。彼はしばしば、患者が1日に最大2〜3錠を服用できるように、用量を最小限に抑えようとします。これは、一部の患者が(高血圧症の患者だけでなく)定期的に薬を服用するのを忘れているという事実を医師が認識しているという事実によるものです。高齢者の場合、高血圧の薬物療法は、他の慢性疾患を阻害する錠剤による薬物療法と組み合わせる必要があることがよくあります。したがって、医師の仕事は、一緒に働く薬の完璧な選択です。一部の有効成分は相互に排他的であり、それらの作用を阻害します。高血圧症の薬の場合、医師が選択するだけでなく、定期的かつ体系的に服用することが重要です。患者が服用を忘れる傾向がある場合、彼らは彼らの携帯電話にアラームを設定することができます。高齢者の場合、高齢者用の特別なヘッドバンドが役立つ場合があります。

高血圧症治療薬-6つのクラスの降圧薬

現在、薬理学的市場には6つのグループの降圧薬があります。

  1. アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)-血圧の上昇を防ぎ、心筋の肥大の原因となる特定のタンパク質の産生を最小限に抑えます。
  2. アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)-高血圧、心不全、左心室肥大、腎疾患、糖尿病、心房細動の場合に使用されます。
  3. チアジド系利尿薬-高血圧以外に心不全、慢性腎臓病を患っている、または心臓発作後の患者に投与される利尿薬。
  4. ベータアドレナリン遮断薬(ベータ遮断薬)-高血圧に加えて、患者が片頭痛、緑内障、虚血性心疾患、または不整脈に苦しんでいる場合に使用されます。ベータ遮断薬は妊婦にも投与できます。
  5. カルシウムチャネル遮断薬-高血圧以外に、虚血性心疾患、アテローム性動脈硬化症、左心室肥大を患っている患者に投与されます。
  6. アルファ遮断薬-高血圧に苦しむ患者、主に良性の前立腺肥大症の男性に投与されます。
高齢者向け医薬品の需要が高まっています

市販の高血圧薬-それらは効果的ですか?

薬局には、医師が処方箋で処方したものよりも効果的で副作用が少ない、高血圧の市販薬もあります。ただし、薬剤師は患者さんに適切な用量を選択することができないため、新薬を服用するたびに主治医に相談する必要があります。市販の薬やサプリメントを選ぶときは、それらの品質をチェックする価値があります。

良質の血圧調整器はメドネットマーケットで入手できます。そこで提供されるすべてのサプリメントは、最高の品質を保証する信頼できるサプライヤーからのものです。血圧を調節したい場合は、タウリン栄養補助食品とのコエンザイムQ10シナジーをお勧めします。このサプリメントの自然な組成は、心臓血管系を強化し、体が適切に機能するのをサポートします。

healthadvisorz.info Webサイトのコンテンツは、Webサイトのユーザーとその医師との間の連絡を改善することを目的としており、置き換えることを目的としていません。このウェブサイトは、情報提供および教育目的のみを目的としています。当社のウェブサイトに含まれる専門知識、特に医学的アドバイスに従う前に、医師に相談する必要があります。管理者は、ウェブサイトに含まれる情報の使用に起因するいかなる結果も負いません。

タグ:  プシュケ 性別 セックスの愛