マクソン-特性、組成、適応症、投与量、注意事項

多くの男性はインポテンツに苦しんでいます。ポーランドでは300万人以上の男性が勃起不全を患っています。それらに対抗するために、多くの男性は適切に選択された医薬品を使用することを決定します。マクソンはその1つです。どのような特性がありますか?それについての意見は何ですか?この薬のリーフレットにはどのような情報が含まれていますか?ここにいくつかの情報があります。

KatarzynaBialasiewicz / iStock

マクソン-特徴

マクソンは処方薬です。あなたは4つまたは8つの錠剤を含むパッケージで100mgの活性物質の用量でコーティングされた錠剤の形で薬局からそれを得ることができます。 Maxonと同様の製剤は、25mgのMaxonActiveと50mgの活性物質の用量のMaxonForteです。

マクソン-作曲

マクソンの有効成分はクエン酸塩の形のシルデナフィルです。他の成分は次のとおりです。

  1. 微結晶性セルロース、
  2. ヒドロキシプロピルセルロース、
  3. クロスカルメロースナトリウム、
  4. ステアリン酸マグネシウム、
  5. コロイダル無水シリカ、
  6. Opadry IIコーティング31F58914ホワイト、15cPヒプロメロース、ラクトース一水和物、二酸化チタン(E171)、マクロゴール4000、クエン酸ナトリウム二水和物を含みます。

マクソン-適応症

マクソンは、勃起不全に苦しむ成人男性を対象としています。それらは、勃起を達成するための完全な無力とそれを維持することに関する問題の両方に関係しています(勃起の期間は満足のいく性交には短すぎます)。

ただし、メーカーは、マクソンが18歳以上の男性のみを対象としていることを強調しています。さらに、勃起を達成するために性的刺激が必要です。薬物マクソンの目的は、それを維持し、性交を可能にすることだけです。薬はそれ自体では勃起を引き起こしません。

それをチェックしてください:男性の性機能障害。それらにどう対処するか?

Maxon-プロパティ

マクソンという薬には、シルデナフィル(シルデナフィル)と呼ばれる活性物質が含まれています。これは、ホスホジエステラーゼ5型阻害剤のグループの医薬品に属しています。マクソンは、陰茎の海綿体の平滑筋の弛緩をサポートする特性を持っています。このアクションは、次に、性的興奮中に陰茎への血流を増やすのに役立ちます。

マクソン-投与量

リーフレットには投薬情報が含まれています。マクソンは、医師または薬剤師によって指定された量で使用されます。通常の推奨用量は25mgです。

タブレットマクソンは、計画された性交の約1時間前に服用する必要があります。薬はコップ一杯の水と一緒に経口的に使用されます。ただし、マクソンを1日1回以上服用することはお勧めしません。

マクソンは最初に50mgの用量で使用されるべきです。この量は、計画された性行為の約1時間前に服用する必要があります。必要に応じて、与えられた用量を100mgに増やすか、25mgに減らすことができます。マクソンという薬の製造業者は、100mgを超える用量を服用することを推奨していません。また、1日1回以上使用しないでください。

マクソンは、このグループの他の薬と同様に、空腹時に経口摂取した後、胃腸管から最もよく吸収されます。特にあなたが食べる食物が脂肪または重い食事である場合、タブレットは食事の周りでより遅く動くかもしれないことに注意してください。空腹時に摂取したマクソンは、30分(最大2時間)後に吸収されます。吸収時間は、患者の個々の素因に依存します。

チェック:男性のケーゲル筋肉-それらをどのように運動させるか?

マクソン-禁忌

次のような状況では、薬を服用しないでください。

  1. 準備の任意のコンポーネントにアレルギーがあります、
  2. 患者は硝酸塩を服用します。マクソンと一緒に服用すると、血圧が下がる可能性があります。また、患者が硝酸塩のグループから準備をしているときは、専門家に通知する必要があります。
  3. 患者は一酸化窒素を放出する医薬品を服用しています、
  4. 肺動脈性肺高血圧症の治療に使用されるリオシグアトを服用しています
  5. 脳卒中や心臓発作を起こしたことがある、
  6. 網膜色素変性症など、網膜に遺伝性の変性変化があります。
  7. 患者は、前部虚血性視神経症の動脈炎とは関係のない視力低下を発症した。

Maxonのリーフレットには、起こりうる副作用に関する情報と追加情報も含まれています。薬は性的に興奮したときにのみ勃起を達成するのに役立ちます。マクソンのプラスの効果が起こる時間は、特定の男性によって異なる場合があります。通常、患者は準備をしてから30分後に有益な効果を感じますが、この時間が1時間に延長されることもあります。

がんに対する陰茎の形は何ですか?あなたの思う以上

マクソン-患者の特別なグループ

高齢者は与えられた用量を変更する必要はありません-これは健康状態がそれを必要とする場合に行われるべきです。

肝機能障害または重度の腎機能障害を患っている人は、マクソンの用量を25mgに減らすことを検討する必要があります-彼らが薬によく反応する場合は、50mgまたは100mgへの用量の増加を検討することができます。

チェック:陰茎-構造、サイズ、勃起不全。陰茎の最も一般的な病気

マクソン-過剰摂取

マクソンの製造業者は、リーフレットまたは医師が決定した用量を超えないように警告しています。推奨用量よりも高い用量は、有効性を高めることも、マクソンの作用を加速することもありません。また、患者の健康に悪影響を与える可能性があります。

自分でマクソンの投与量を増やす患者は、過剰摂取の症状を発症するリスクがあります。マクソンの効果が不適切であると思われ、したがって強すぎたり弱すぎたりする場合、患者はそれについて医師に通知する必要があります。与えられた用量を変更し、与えられた人のニーズに合わせて調整できるのは彼だけです。

マクソンの過剰摂取の症状は、患者の生命と健康に脅威を与えることはありません。副作用のリスクが高まるため、このような状況は避ける必要があります。それらは通常の強度よりも大きい場合があります。マクソンの過剰摂取の最も一般的な影響は次のとおりです。

  1. 頭痛とめまい;
  2. ぼやけた視界;
  3. ほてり;
  4. 消化不良の愁訴。

Maxonを高用量で服用した後に副作用が現れた場合は、患者の状態を評価する必要があります。管理は、患者を観察し、標準的な支持療法を導入することで構成されます。重要なことに、この場合、マクソンは尿中に排泄されないため、透析は使用されません。

チェック:勃起-勃起がない理由は何ですか?

マクソン-副作用

Maxonを使用することの副作用は次のとおりです。

  1. 4時間以上続く勃起-この状況では、すぐに医師に相談してください。
  2. 視覚障害-準備をやめ、できるだけ早く医師の診察を受けてください。
  3. 頭痛;
  4. めまい;
  5. 色覚障害-すべてが緑、青、赤、または黄色です。
  6. クロマトプシー;
  7. ぼやけた視界;
  8. 皮膚の発赤;
  9. ほてり;
  10. 鼻づまり;
  11. 消化不良と吐き気。

次のようにも表示される場合があります。

  1. 鼻炎と鼻血;
  2. ブロックされた副鼻腔;
  3. 過敏症およびアレルギー反応;
  4. 傾眠;
  5. 大きな倦怠感;
  6. 目の痛み、羞明、目の赤み;
  7. 明るいビジョン;
  8. フォトプシー;
  9. 結膜炎;
  10. 異常な涙液分泌(ドライアイ症候群も);
  11. 迷路障害;
  12. 耳鳴り;
  13. 頻脈;
  14. 動悸;
  15. 高血圧または低血圧;
  16. 胸の痛み;
  17. 食道逆流症;
  18. 嘔吐;
  19. 上腹部の痛み;
  20. 口渇;
  21. 皮膚の発疹;
  22. 血尿;
  23. 筋肉や手足の痛み。

マクソンのより深刻な副作用は非常にまれですが、マクソンを服用した場合の影響が報告されており、患者の健康や生活に直接的な影響を及ぼします。とりわけ、血管性脳卒中、アテローム性動脈硬化症、または心室性不整脈。心臓突然死や心臓発作の症例もあります。多くの患者が眼の問題も報告しており、非常に少数の人々が難聴または顕著な悪化を報告しています。

マクソンの副作用は男性の性器にも影響を及ぼし、それは精子の血、陰茎からの出血、持続勃起症、長い間勃起の増加でした。

チェック:ハーブの勃起薬に注意してください

マクソン-アルコールとの相互作用

アルコールは薬の毒性を高める可能性があるため、マクソンを服用している人はアルコールをやめる必要があります。さらに、アルコールは副作用のリスクとその強度を高めます。

マクソン-注意事項

人の場合、Maxonの使用はお勧めしません。

  1. 重度の肝不全を伴う;
  2. 動脈性低血圧(90/50 mmHg未満);
  3. 最近の脳卒中または心臓発作の後;
  4. 網膜に遺伝的変性変化がある男性。

いずれにせよ、収集された履歴に基づいて、マクソンを使用することの安全性について決定する医師に行く必要があります(市販薬であっても)。マクソンの使用を開始する前に、私たちの健康状態がそのような製剤の使用を許可していることを確認するためにチェックを行う価値があります。

知る価値がある!

望ましくない影響が生じた場合、患者は機械を運転したり操作したりしないでください。これらは禁止されている活動ではありませんが、メーカーは明らかにそれを推奨しています。

陰茎の解剖学的奇形のある男性も、マクソンを使用する際には注意が必要です。ねじれ、線維症、ペイロニー病に注意を払う必要があります。さらに、持続勃起症、特に多発性骨髄腫または白血病の場合にも注意を払う必要があります。

凝固障害または消化性潰瘍疾患と診断された男性におけるマクソンの使用の安全性に関するデータはありません。この場合、薬を投与する決定は医師によって行われます。

チェック:勃起。勃起不全の原因と症状

Maxon-相互作用

Maxonは相互作用するため、特定の薬を服用している間は使用しないでください。 Maxonを次のものと同時に使用しないでください。

  1. 他の効力のある薬;
  2. 製剤の形態に関係なく、硝酸塩のグループに属する、または一酸化窒素を放出する効果のある薬-血圧を下げるリスク;
  3. グアニル酸シクラーゼに刺激効果のある薬。

一部の薬は、シルデナフィルの使用を妨げるものではないため、用量を減らすだけで済みます。これは、とりわけ、リトナビルを含む薬。この場合、可能な限り低い用量、すなわち25mgを48時間服用する必要があります。

低血圧を引き起こすアルファ遮断薬を服用している男性には注意が必要です。血行動態的に安定した状態で投与すれば、リスクが軽減される可能性があります。 MaxonをPDE5阻害剤に属する薬剤と併用することの安全性に関するデータはありません。

彼女のパートナーが勃起の問題を抱えている場合、女性はどのように反応する必要がありますか?

マクソン-意見

マクソンという薬にはいろいろな意見があります。これらは主に肯定的な声明です。あなたは多くのインターネットフォーラムやポータルでそれらを読むことができます。マクソンという薬を使用する男性は、主にその迅速で効果的な作用でそれを賞賛しています-多くの男性はわずか30分で満足のいく勃起を得ることができます。

使用する前に、適応症、禁忌、副作用と投与量に関するデータ、および医薬品の使用に関する情報が記載されているリーフレットを読むか、不適切に使用された各薬はあなたの生命または健康。 医療相談や電子処方箋が必要ですか? healthadvisorz.infoにアクセスすると、家を離れることなく、すばやく安全にオンラインヘルプを利用できます。

タグ:  プシュケ 性別 健康