癌の危険な前兆

癌は潜行性に発症し、何年もの間症状を示さないことがよくあります。ただし、深刻な病気の発症を告げる小さな変化が見られる場合もあります。

Mintr /ゲッティイメージズ

ポーランドでは、がんの最初の症状が現れてから治療が開始されるまでの平均時間は250日を超えています。したがって、病気の発症に先行する症状、すなわち、に注意を払う価値があります。腫瘍前駆症状(腫瘍随伴症候群または腫瘍随伴症候群としても知られています)。増殖過程の臨床症状が現れる前の早期診断は、迅速な診断と治療の実施にとって非常に重要である可能性があります。

がんの目立たない症状についてもっと読む

腫瘍随伴症候群は、全身性または臓器皮膚症候群、ならびに血液学的、神経学的、腎学的、内分泌またはメタボリックシンドロームとして発生する可能性があります。また、消耗症候群や体重減少症候群などの全身症状として現れることもあります。無視できない信号はかゆみです-多くの場合、癌の最初の兆候です。他に特に注意を払う価値があるものについてアドバイスします。

腫瘍随伴臓器および皮膚症候群:

  1. 粘膜の痛みを伴う膀胱びらん性変化:唇、歯茎、頬、舌、結膜は、リンパ腫、キャッスルマン病の腫瘍、胸腺腫、または肉腫を示している可能性があります。
  2. 表皮の茶色の変色と乳頭状の成長は、主に皮膚のひだ、脇の下、鼠径部、肘と膝の屈曲部、唇の領域、および口腔の粘膜にあることを示している可能性があります胃がん、まれに肺がん。
  3. 脂漏性疣贅の急速で大量の播種は、ほとんどの場合、皮膚の重度のかゆみを伴って体幹に起こり、胃腺癌、造血系の癌、乳房または肺の症状である可能性があります。
  4. 表皮の忍び寄りと分離、および舌の滑らかで真っ赤な色は、膵臓癌、腎臓および肺の腫瘍に典型的です。
  5. 非常に長く、軽くて細い髪の毛の成長は、最初は顔に、次に手、足、生殖器領域を除く全身の皮膚にも、肺、腸、膵臓、膀胱の癌を示している可能性があります。急性白血病とユーイング肉腫も同様です。
  6. 縁に水疱または膿疱を伴う赤青浮腫浸潤病巣は、造血系の新生物を示している可能性があります。
  7. 水疱は、主に傷害のリスクのある領域にあり、瘢痕および稗粒腫に解決し、リンパ腫、白血病、および骨髄腫に典型的です。
  8. 指、足、耳、および鼻に位置する角質増殖性病巣は、しばしば爪甲ジストロフィーを伴い、上気道および食道の癌を予告する可能性があります。
  9. 顔や手足、特に目の周りの紅斑性および浮腫性の変化は、乳がん、肺がん、および鼻咽頭がんを示唆している可能性があります。
  10. 皮膚へのわずかな外傷の後でも、痛みを伴う、深く、急速に広がる皮膚潰瘍および病変は、白血病、骨髄腫、リンパ腫、または真性多血症を示している可能性があります。
  11. ひだやひだを含む皮膚全体を覆う乾燥した鱗状の病変は、リンパ腫、骨髄腫、ホジキン肉腫、カポジ肉腫、肺がん、乳がん、または子宮頸がんの症状である可能性があります。

傍腫瘍性神経症候群(非常にまれ):

  1. 筋力低下、インポテンス、起立性低血圧、口渇、発汗障害は、小細胞肺がんを示している可能性があります。
  2. 光線過敏症、視力障害、視野制限、およびめまいは、乳がん、卵巣がん、または小細胞肺がんの証拠である可能性があります。
  3. 感覚障害は、小細胞肺がんの前兆となる可能性があります。

腫瘍随伴血液症候群:

  1. 自然あざ、斑状出血、胃腸および呼吸器の出血、皮膚壊死、壊疽、静脈血栓症、頻脈および浮腫は、播種性腫瘍性プロセスまたは白血病を示している可能性があります。
  2. 再発性の鼻血、軽度または欠如した外傷後のあざ、重度の月経過多、および手術後の長期の出血は、多発性骨髄腫、リンパ腫白血病、真性多血症、特発性骨髄線維症、またはウィルムス腫瘍の前兆となる可能性があります。
  3. 触知可能な静脈の硬化、痛み、圧痛、発赤は膵臓がんの典型です。

腫瘍随伴代謝症候群および内分泌症候群:

  1. 脱力感、低カリウム血症、皮膚の変色は、肺がんを示している可能性があります。
  2. 重度の空腹感、脱力感、嘔吐または吐き気、ならびに発汗、頻脈、震える手、落ち着きのなさ、およびバランスと視力の乱れは、中皮腫、肉腫、および小細胞肺癌の症状である可能性があります。

腫瘍随伴症候群:

  1. タンパク尿と血尿は、乳がん、肺がん、消化器がんの証拠となる可能性があります。
  2. 成長遅延または頻尿は、骨髄腫、リンパ腫、肺がん、黒色腫、白血病、または胃腸の悪性腫瘍の症状である可能性があります。

腫瘍随伴リウマチ症候群(いわゆる結合組織症候群):

  1. 発赤し、周囲の組織よりも暖かく、腫れ、痛みを伴う関節は、肺がん、白血病、またはリンパ腫を示している可能性があります。
  2. すね領域の骨の痛み、関節の不快感、可動性の制限は、非小細胞肺がん、胸腺の腫瘍、または食道がんを示している可能性があります。特徴的な症状は、指の形の変化、いわゆる指を刺します。
  3. 倦怠感、倦怠感、食欲不振、体重減少、微熱は、リンパ腫、消化器系のがん、または肝臓がんを示している可能性があります。
  4. 涙液分泌の障害、灼熱感、日光に対する過敏症、生殖器および口の乾燥した粘膜、ならびに頻繁な真菌感染症および虫歯は、リンパ腫、肝臓癌、または胃腸癌を示している可能性があります。
  5. 寒さや感情によって引き起こされる指の動脈の発作性けいれんによって引き起こされる、特に親指や手に見える指の皮膚の色の変化は、腎臓、卵巣、胃腸癌、および肺の癌を示している可能性があります癌。肌の色の変化に加えて、涼しさや感覚異常があります。

腫瘍随伴症候群の提示された臨床的特徴には、それらの最も一般的な古典的形態に関連する選択された問題のみが含まれます。腫瘍性疾患にはさらに多くの前駆症状があり、科学的研究により、この主題に関するより最近のデータが提供されています。

これはあなたに興味があるかもしれません:

  1. ガンのリスクがあるのではないかと心配ですか?この調査を行う
  2. 最も陰湿な癌の1つ。膵臓がんは避けられますか?
  3. それは最大10年間静かに発達します。それは私たちが癌とは関係のない症状を示します
ポーランドの癌.mp4

healthadvisorz.info Webサイトのコンテンツは、Webサイトのユーザーとその医師との間の連絡を改善することを目的としており、置き換えることを目的としていません。このウェブサイトは、情報提供および教育目的のみを目的としています。当社のウェブサイトに含まれる専門知識、特に医学的アドバイスに従う前に、医師に相談する必要があります。管理者は、ウェブサイトに含まれる情報の使用に起因するいかなる結果も負いません。 医療相談や電子処方箋が必要ですか? healthadvisorz.infoにアクセスすると、オンラインヘルプが表示されます。家を離れることなく、すばやく安全に利用できます。. これで、国民健康基金の下でも無料で電子相談を利用できるようになりました。

タグ:  プシュケ  セックスの愛