先端の頭痛はどういう意味ですか?原因、診断、治療

局所的な頭痛は一般的であり、その原因は片頭痛から緊張性頭痛にまで及ぶ可能性があります。頭頂部の痛みの正確な原因を突き止めるためには、徹底的な診断を行う必要があります。痛みの原因を知ることは、治療を開始し、不快な病気を取り除くのに大いに役立ちます。

ダミールカビロフ/シャッターストック

上部の頭痛の原因

頭痛は非常に一般的な病気です。頭痛は必ずしも病気の兆候ではありません、それは時々疲労、ストレスまたは貧しい食生活の結果です。上部の頭痛は、さまざまな理由が原因である可能性があります。そのような痛みの種類は、その原因の性質に応じて分けられます:

  1. 緊張の先端の頭痛-このタイプの痛みは、うなじと首の筋肉の緊張に関連しています。それは頭の圧力のように感じ、緊張した筋肉の痛みを伴うことがよくあります。緊張性頭痛は、世界で最も一般的なタイプの頭痛です。
  2. 片頭痛の先端の頭痛-片頭痛は私たちの多くに知られています。片頭痛は重度で発作性であり、通常は頭の一部にのみ影響します。片頭痛の痛みはしばしば以下を伴います:オーラ、吐き気、嘔吐、視覚障害またはめまい。片頭痛の上部の頭痛は数時間から数日続くことがあります。
  3. 群発性頭痛-頭の片側、ほとんどの場合目の周りにのみ発生する、先端の非常に激しい頭痛。頭痛は数時間続き、いわゆるクラスター、例えば、数日または数ヶ月間毎日、その後の痛みの中断。頭のてっぺんの痛みはとげだらけです。
  4. 上部の他のタイプの頭痛-上部の頭痛は、副鼻腔の病気、精神疾患、低酸素症によって引き起こされる可能性があります。

あなたの頭痛の原因を見つけるためにあなたのGPとの相談をスケジュールしてください。現在、healthadvisorz.infoポータルからオンラインで手配できます。訪問はあなたの家を離れることなく行われます。

ポーランドのアトピー性疾患学会の会長:治療費は約80,000です。 PLNは毎年、患者は経済的に除外されています

上部の頭痛-診断が示されている

先端の頭痛診断は、新たな病気の原因を示すことを目的としています。上部の長時間の頭痛は常に医師に相談する必要があります。初期診断は、痛みの性質、その場所、および痛みを引き起こし、激化させる要因の決定を含む完全な病歴に基づいています。多くの場合、徹底的な面接の後、医師は上部の頭痛の原因を見つけることができます。病歴が特定の答えを与えない場合、専門家は身体検査を開始します。医師は、痛みを引き起こしたり、病気の兆候である可能性のある病理学的変化の兆候がないか頭を調べます。先端の頭痛の診断の最終段階は、中枢神経系の画像化です。医師がCTスキャンまたはMRIスキャンを紹介する場合があります。

頭部の磁気共鳴画像法は、ポータルmedonetmarket.plを介してMRIDiagnostyka施設で本日契約します。

先端の頭痛を治療する方法は?

先端の頭痛の治療は、行われた診断に依存します。頭頂部の緊張痛は、医学的介入なしで治療することができます。頭痛を解消するには、精神的ストレスを最小限に抑え、首と頭の筋肉のこわばりを徐々に緩和する必要があります。パラセタモールやイブプロフェンなどの鎮痛薬も、頭頂部の頭痛に効果があります。一番上の頭痛と戦うには、ライフスタイルを変える、つまり食事を変え、身体活動を実施し、ストレスの多い状況を排除または最小限に抑えることが役立ちます。

頭痛の原因はビタミンB12欠乏症である可能性もあるため、微量栄養素の1日量を補うビタミンB12を含む栄養補助食品をお勧めします。それは魅力的な頭でメドネットマーケットで入手可能です。

また読む:

  1. 「私は生き残れず、私の体はそのような痛みに耐えられないのではないかと心配していました。」ポーランドの女性が片頭痛のある生活について語った
  2. 「頭痛がして、普通の痛みではありませんでした。」その後、もう同じものは何もありませんでした
  3. 最初の症状はめまいです。凍った体はどうなりますか?

healthadvisorz.info Webサイトのコンテンツは、Webサイトのユーザーとその医師との間の連絡を改善することを目的としており、置き換えることを目的としていません。このウェブサイトは、情報提供および教育目的のみを目的としています。当社のウェブサイトに含まれる専門知識、特に医学的アドバイスに従う前に、医師に相談する必要があります。管理者は、ウェブサイトに含まれる情報の使用に起因するいかなる結果も負いません。 医療相談や電子処方箋が必要ですか? healthadvisorz.infoにアクセスすると、家を離れることなく、すばやく安全にオンラインヘルプを利用できます。

タグ:  健康 性別 プシュケ