右手の指のしびれ

手のしびれは、さまざまな病気の症状です。手のしびれの最も一般的な原因は、特に頸部の脊椎の変性です。右手と右手の指のしびれは、手根管症候群または尺骨神経溝症候群によっても引き起こされます。しびれ、右手のうずきは、神経学的状態を含む、より深刻な状態を意味する場合もあります。

オレナヤコブチュク/シャッターストック

右手のしびれ-原因

右手のしびれは、たとえば、同じ位置に長時間留まった結果として、神経や血管に長時間圧力がかかるときに現れることがあります。次に、いわゆる苦しみの感覚がおさまるように、とられる位置を変える必要があります。

睡眠中の右手のしびれ

夜や目覚めた後に右手がしびれる場合は、睡眠中の姿勢やマットレスや枕が適切かどうかを検討する価値があります。痛みを伴うけいれんが併存する手のしびれやうずきは、マグネシウム、カルシウム、またはビタミンBが不足している不適切な食事の結果である可能性があります。次に、肉、魚、バナナ、ナッツでメニューを充実させると同時に、メニューを充実させる必要があります。コーヒーとお茶の消費を制限します。

安全かつ効果的に禁煙する方法

病気の症状としての右手の指のしびれ

右手のしびれの原因について書くとき、特にそれが指に放射状に広がる場合は、脊椎、特に頸部の病気について言及する必要があります。頸椎の​​変性、いわゆる頸椎症は、頸椎下部の椎間板の変性に起因します。頸椎の​​変性変化は、神経根と脊髄を圧迫する可能性があります。この病気の症状には、首や背中の痛み、ベッドから出た後の気分の悪化、動きの制限、手の衰弱、しびれ、うずきなどがあります。圧力のポイントは、どの手とどの手の指がしびれを感じるかを決定します。

右手のしびれの非常に一般的な原因は、椎間板の病気である椎間板変性症です。これは、個々の椎骨間の可動性を可能にするゼリー状の構造です。頸椎内の椎間板の位置を変えると、神経が刺激され、うずき、痛覚過敏、手のしびれが生じます。椎間板内の病変は、ヘルニア(髄膜嚢のみが膨らむ)またはヘルニア(椎間板が明らかに移動する)で構成されている可能性があります。挟まれた神経は、痛み、しびれ、うずきを引き起こします。感覚の乱れや筋力の低下があるかもしれません。指に放射状に広がる手のしびれは、神経学的原因によって引き起こされることがあります。

また読む:

  1. 指がしびれてピンクになりますか?この症状を過小評価することはできません
  2. 顔のしびれやうずき。これらの症状を無視しない方が良いです
  3. 足のしびれは、体に何かが起こっていることの最初の兆候かもしれません

healthadvisorz.info Webサイトのコンテンツは、Webサイトのユーザーとその医師との間の連絡を改善することを目的としており、置き換えることを目的としていません。このウェブサイトは、情報提供および教育目的のみを目的としています。当社のウェブサイトに含まれる専門知識、特に医学的アドバイスに従う前に、医師に相談する必要があります。管理者は、ウェブサイトに含まれる情報の使用に起因するいかなる結果も負いません。 医療相談や電子処方箋が必要ですか? healthadvisorz.infoにアクセスすると、家を離れることなく、すばやく安全にオンラインヘルプを利用できます。

タグ:  セックスの愛 プシュケ