肝斑-皮膚の黒い斑点

シミはメラニンの過剰によって引き起こされます。それ以外の場合は、シミまたは色素斑と呼ばれます。それらは通常40-50の後に現れます。年齢。それらは健康に危険ではありません。シミについて他に何を知っておくべきですか?

wk1003mike / Shutterstock

シミを引き起こす

シミはメラニンの過剰によって引き起こされます。それは紫外線によって決定される色素細胞によって生成されます。日光にさらされることが多い場所では、過剰なメラノサイトが蓄積するため、それらの影響は皮膚にそのような影響を与える可能性があります。最も一般的なスポットは、顔、胸の谷間、腕、手の甲です。それらは茶色で滑らかです。

しみが出るところは、皮膚が変形したり角質化したりすることはありません。ただし、その場合は皮膚科医にご相談ください。

シミ-症状の緩和

薬理学の助けを借りてシミを治すことは不可能です。色が変わった後の肌は健康に脅威を与えません。あざは、病気ではなく、長年の日光の結果です。唯一の結果は、美的性質の問題です。

ただし、汚れを取り除き、目立たなくする方法があります。医療相談の後、皮膚科治療を受けることができます:

  1. 削皮術-表皮の擦過傷、
  2. レーザー治療-メラトニンを生成する細胞の破壊、

家庭や美容の手順に加えて、美白軟膏を使用することができます。ただし、効果を待つ必要があることを覚えておく必要があります。それぞれの方法には、規則性と時間が不可欠です。

あなたの髪の健康のために、それは重要なのは内側です

肝臓の染みとアルコール

見た目とは逆に、シミの名前は肝臓とはほとんど関係がありません。肝臓に密接に関連する皮膚の目に見える変化は、例えば、アルコールの過度の飲酒の結果です。すると、血管が破裂して皮膚が赤くなったように見えることがあります。シミの名前は、皮膚の変化(暗褐色)に似ている臓器の色にのみ関連付けられています。

色素やシミという用語も使用されます。それらは過剰な色素によって引き起こされるため、色素沈着し、老人性のものは、40-50の後に現れるためです。年齢。ただし、このルールには例外があります。これは、20歳前後であっても、より早く表示される可能性があるためです。すべては太陽の下で過ごした時間の量に依存します。

  1. 日光浴をするかどうか-太陽は肌にどのように影響しますか?

シミを防ぐことはできますか?

日焼け止めを定期的に使用することで、ほくろの出現を防ぐことができます。夏だけでなく、一年中クリーミングをお勧めします。太陽は一年中紫外線を発します。そのため、私たちの肌は常に太陽の悪影響にさらされています。

肝臓の働きをサポートしたいですか? MedonetMarketで入手可能な脂肪親和性因子を含む栄養補助食品を魅力的な価格で試すことができます。

シミと妊娠

妊娠中、女性の体は特に脆弱になる可能性があります。それはホルモンの変化によって条件付けられます。したがって、この間、あなたはあなたの健康と顔色に特別な注意を払うべきです。顔と頻繁に露出する部分(手、ネックライン)にフィルターが付いたクリームを毎日塗布する必要があります。

これはあなたに興味があるかもしれません:

  1. ポーランド人が最も頻繁に死亡する癌
  2. 認知症の最初の症状。見逃してはいけません
  3. 誰が魚油を食べるべきですか?

healthadvisorz.info Webサイトのコンテンツは、Webサイトのユーザーとその医師との間の連絡を改善することを目的としており、置き換えることを目的としていません。このウェブサイトは、情報提供および教育目的のみを目的としています。当社のウェブサイトに含まれる専門知識、特に医学的アドバイスに従う前に、医師に相談する必要があります。管理者は、ウェブサイトに含まれる情報の使用に起因するいかなる結果も負いません。 医療相談や電子処方箋が必要ですか? healthadvisorz.infoにアクセスすると、家を離れることなく、すばやく安全にオンラインヘルプを利用できます。

タグ:  健康 性別 プシュケ